【仕送り】子供へ食品を贈った時の失敗談

仕送り食材の注意事項 暮らしに役立つ情報

食品を仕送りした時の失敗談

独り暮らしをしていると、親から食料品が送られてくるというイベントがあります。

お金がピンチの時などは大助かりですね。

そうして本日、クール宅急便で食品が入った段ボール箱を宅配業者さんが午前中の早めの時間に届けてくれました。

玄関でサインをして段ボールを受け取った時から、何やら不思議な臭いがします。

作ってくれた惣菜か何かの汁でも段ボールの中で漏れているのかな~と思って、開封してみます。

 

これは冷凍庫へ、これは冷蔵庫、野菜室、常温保存分へと段ボールの中から分別して仕分けしたのですが・・・・何も漏れていませんでした。

でも段ボールを開封した時に匂いが倍増したので、この中に犯人がいた事は間違いないのですが・・・・?

・・・・・!!!

匂いを発している物が分かりました。

オニオンスライス

こちらのオニオンスライスでした。

新鮮な玉ねぎを食べやすいようにスライスして、ジップロックに入れていたのですが、チャックを閉めただけでは匂いは外にダダもれだったようですね。

・・・・あ~そうそう、この匂いは玉ねぎの匂いですね~。

 

・・・・あ~なるほど!

早めに宅配業者が持ってきたのは、段ボールが玉ねぎ臭かったからかもしれませんね。

段ボールって結構匂いが染みつくんですよね~、だから早めに配送車から異臭物を出さないと他の段ボールに匂いが染みついてしまう可能性がありますしね~。

ちょっと納得しました・・・・申し訳ないです。

 

梱包用の段ボールの香り移り

アマゾンの商品の配達がヤマト運輸でなくなってから、気が付いた事があります。

毎回、段ボールから違う匂いがします。

煙草の匂いだったり、車の芳香剤の匂いだったり、おそらく配送している車内の匂いが段ボールに染みついているようでした。

佐川やヤマト、郵便などの大手の運送業社では気が付かなかった匂いを感じられるようになりましたね。

 

匂いを発生させる食材の送り方

ジップロックに入れてチャックをして、ビニール袋に入れてしっかりと口を結んでおけば多少は匂いもれが防げたようですね。

もっと良いのは、真空ケースなどに入れる事のようですね。

タッパに入れた玉ねぎ

そしてジップロックに入れてから真空ケースの中に入れて欲しいですね。

直に真空ケースの中に入れると、今度は真空ケースの中に玉ねぎの匂いが染みついてしまうんですよね~。

洗ってもなかなか匂いが取れないので、ジップロック又はビニール袋に入れてから容器の中に入れて欲しいですね。

 

まとめ

玉ねぎスライスなどの匂いのキツイ食材を送る時は梱包に注意しましょう。

匂いのする食材は、まずジップロックやビニール袋に入れてから、100均などの真空容器に入れて送りましょう。

料理などをあまりしない独り暮らしの子供に食料品を送る時は、包丁・まな板を使用しなくても済む食材が喜ばれますね。

野菜でいうと、スライスした玉ねぎ・きゅうりなどがあれば、お皿に入れてマヨネーズやドレッシングをかければ食物繊維の補給になります。

レタスひと玉などは、手でちぎってお皿に入れれば済むのでお手軽で便利な上に、キャベツよりかは日持ちがするような気がしますね。

今回は匂いの発生する食材を送った為に、配送中の周りの段ボールなどに迷惑をかけたかもしれないというお話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました